社長ってどうやってアイディア生み出すの?

こんにちは、VFR広報の村中です。

本日は、社長独自のアイディアの生み出し方やVFRの社風を密着ドキュメンタリー型で、ご紹介したいと思います!ベンチャー企業のリアリティを楽しみながらご覧いただければ幸いです!

【紹介】公式YouTubeチャンネル!「社長の流儀-密着ドキュメンタリー-」

本編をYouTubeでご覧になりたい方は↑↑↑の画像をタップしてください

VFRでは、昨年の秋ごろからSNS発信を始め、「YouTubeチャンネル 社長の流儀-密着ドキュメンタリー-」にて、社長やベンチャー企業のリアルな仕事の様子をお届けしています。

完全テレワーク環境なこともあり、入社して半年の私自身、社長を含む皆さんがどのように仕事しているのかを知ることが出来るコンテンツとなっており、凄く助かっています。

本日は、その中でも「社長ってどうやってアイディアを生み出すの?」をテーマに公開されたYouTubeをピックアップしていきます!

社長の密着の中に、設立して3年目の当社がフェラーリ並みのスピード感で事業を成長させている秘密が隠されています!

それでは、スタート。

この日は、湯浅社長がVFR本社である【恵比寿ガーデンプレイスタワー】にて打ち合わせをした後、次の打ち合わせへ急ぎ足で向かう場面から本密着ドキュメンタリーがスタートしました。

次に向かった先は、本社から車で20分離れた東京駅近くの月120万円の高級オフィス。
そこで待っていたのは「大野さん」という男性で、元ソフトバンクのiPhoneローンチという重要な役割を担われた凄い方です!

趣味では、マイナス30度以上、標高3000mという険しい山を登り、そこからの絶景をドローン空撮するなど「大自然と新テクノロジー」を掛け合わせた独特の世界観を楽しまれています。

湯浅社長は「僕のアイディアは、自分とは違う世界観を持った人との雑談から生まれたりする」と公言しており、この日も大野さんと「雑談」を楽しみに高級オフィスへ訪問されたようです!

– 雑談①

ソフトバンク、CCC、PERSOLなどの大手で、68の新規事業を実現してきた「大野さん」は、本を出版し、プレゼンのコツ、アイディアの生み出し方まで、企画を通すための基本をすべて公開されています。書籍のタイトルは、「予算獲得率100%の企画のプロが教える必ず通る資料作成」で、湯浅社長もこちらを参考に資料作成されているとのことです!

– 雑談②

本記事の冒頭でも少し紹介しておりますが、大野さんは趣味として、
標高3000mの険しい山を一人で登り、そこから見える冬景色やダイヤモンドダストをドローンで空撮し、プロ並みの映像を残されています。マイナス30度~40度という超過酷な環境にも動じない大野さんの精神力の凄さと、映像のクオリティの高さに湯浅社長はYouTube動画内で「やばいね」を連呼しています。(笑)

– 雑談③

コンテナハウスを作りたいという大野さん。この日は、気になっている藤和那須リゾート敷地内の候補物件をいくつか紹介して頂きました。弊社は、藤和那須リゾート敷地内で、「コテージへのドローン空輸サービス実証実験」や「物件購入」など、様々な場面で藤和那須リゾート様とご縁を頂いております。偶然にも、大野さんが一番気になっているという1500坪以上の物件は、VFRが購入を検討していたものでしたので、湯浅社長はその時にお世話になった常務の方に大野さんをご紹介することになりました!

湯浅社長は次の打ち合わせ場所へ!!

本密着ドキュメンタリーのクライマックスは、大野さんとお別れした後の撮影者と湯浅社長の会話でした。本記事も次の打ち合わせ場所に向かうまでの車内20分間で語った「雑談の重要性のお話」で締めたいと思います!

【雑談はなぜ大切なのか、直接会って話すことの重要性】

湯浅
今回の「物件探し」のように、雑談の中から新しい縁やお話を頂けたりする場合もあります。
もちろん、目上の方に何か相談したいことや提案したいことがある場合は、そのための資料を事前に準備したりする必要はありますが、ある程度、交流のある方には「資料化されていない情報」や「雑談」をベースにお話をされた方が良いと思います。その中に、お互い重要な話が隠れていたりするからです。あと、良いアイディアは自分の頭で考えたり出来ないというのが私の考えです。「実はこの世の中にあるものから、いつの間にか拾っている」というような受動意識こそが、良いアイディアを生み出していると考えています。そして、個人の魅力や雑談で掴んだチャンスや情報を会社へ消化する。僕は、そうやってアイディアを生み出したり、資料化されていない情報を手に入れ、スピード感のある仕事をしているつもりです。

【 ♪ エンドソング 】

本日の密着ドキュメンタリーはここまでとなります!

今後もYouTubeチャンネルを通じて、皆様にはベンチャー企業のリアリティ×VFRの独自な社風をお届けしたいと思いますので、応援よろしくお願いします!
最後までご覧いただきありがとうございました。