VFRが世界と戦うためのキーワード!”オープンソース”とは??

~ 春原先生のドローン初心者講座 vol.1 ~

【 春原久徳 先生 ―profile― 】
VFR株式会社のアドバイザー。
2015年12月ドローン・ジャパン株式会社設立。『ドローンビジネス調査報告書2018』『ドローンビジネス調査報告書2018【海外動向編】』(株式会社インプレス)を調査執筆、Drone.jpでコラム[春原久徳のドローントレンドウォッチング]連載中。他にも各産業業界誌で多数執筆。農林水産省、NEDOや各業界団体でのドローン関連の講師を年間60~80回程度行っている。

執筆記事:https://www.drone.jp/column/sunohara



こんにちは、VFR広報の村中です。
筆者はドローンメーカーで働いているものの、ドローンの知識はまだまだ初心者レベルです。
現在当社の戦略として、「“オープンソース”でドローン産業の発展に貢献していく!」とビジョンに掲げていますが、いざ“オープンソース”を説明しろと言われると…。(汗)
そこで今回は、ドローンのプロ・春原先生に、「オープンソースとは?」「なぜオープンソースがVFRにとって重要なのか?」を、(こっそり)教えて頂きました!!



| 今日はよろしくお願いします。まずは「オープンソース」について教えてください。
オープンソースのオープン(公開)は何となく理解できるのですが、「ソース」は何を指しているのでしょうか。

よろしくお願いします。ソース(コード)は、プログラムを作る際に、そのプログラムに「どんな動作をさせたいかをコンピュータに対し命令を与えるためのデータ」のことです。

Java、Rubyといったプログラミング言語など、英語の文字をたくさん打ち込んでいる画面が思い浮かぶと思いますが、それがソース(コード)です。そして、ソフトウェア(ソースコード)を無償で一般公開することをオープンソースと言います。


| オープンソースについては理解することが出来ました!
でも、VFR(ドローンメーカー)と“オープンソース”の関係がいまいち理解できないのですが、、、

そうですよね。それでは、ドローンとオープンソースについて噛み砕いて説明したいと思います。まずドローン業界に限らず、様々な種類のハードウェア関連のメーカーは経営方針を決める際、「オープンソース(公開)」なのか、そうではないのか、ある程度決めておく必要があると私は考えています。VFRは2030年に世界一のドローンメーカーになるというビジョンを掲げていますが、それは「オープンソース(公開)」というやり方で競業ドローンメーカーと戦っていくことになります。例えば、中国のDJIは、クローズドな戦い方で、世界のドローン販売の70%以上のシェアを獲得しています。


| なるほど!なぜVFRは「オープンソース」を選択したのでしょうか。

VFRの経営方針を理解するためには、まずはドローンのプラットフォームについて理解する必要があります。ドローンのプラットフォームにおいて中心にあるのは「フライトコントローラー」というハードウェアです。ドローンにおけるオープンソースとは、このフライトコントローラーの上に載せているコードを公開しているという意味です。逆に、DJIのようなクローズドな戦い方を「プロプライエタリ」と呼んだりします。


| 「オープンソース」のメリットとデメリットは何なのでしょうか。

まず前提として、プロプライエタリで戦う企業は、ひと・もの・かねといったリソースに恵まれていないと勝ち残れません。例えば、iPhoneで有名なAppleがその一例です。クローズな分、人的リソース、開発リソースなどを自分たちの力でやっていくだけ基盤が必要になります。
VFRはそういった意味では、オープンソースにすることで自社だけで解決できない問題を他社と手を組んで挑戦することが出来るのです。デメリットは、管理面が難しいという事だと思います。


DJIは、プロプライエタリで勝ち残れるだけの基盤が整っているということですね。

確かにDJIは、基本的にはクローズでやっていますが「SDK(Software Development Kit)」を導入して、他と繋げたい部分だけをピックアップして配布するという体制も取り入れています。そうすることで、ハードウェア(ドローン本体)だけでなく、ソフトウェアを充実させることが出来ます。例えば、iPhoneやスマホに置き換えて考えてみてください。スマホ端末だけ手元にあっても、アプリケーションが充実していなければ、これほど普及していないでしょう。

| それでは、私たちドローンメーカーに求められるのはハードウェア(ドローン本体)とソフトウェア(アプリケーション)の両方を充実させることでしょうか。

私はVFRにはアドバイザーとして参画していますが、ドローンのユーザー目線で見るとドローン機体には特にこだわりはありません。(笑)
DJIでも国産ドローンでも、とにかくユーザーインターフェース(使い心地)と機能が充実していれば問題はありません。だからこそ、私は日本のドローンメーカーには、オープンソースで戦った方が良いと考えています。そして、ドローンユーザーが「DJI」か「VFR」で迷うレベルにまで押し上げることが重要です。


| 良いですね!でも、VFR以外にもドローン企業はたくさんあります、、
その中でVFRが勝ち残っていける戦略はあるのでしょうか。

そこは、アメリカのドローン事業とDJIの競争を見ていると、自然と答えが出てきます。
アメリカの得意分野は、「クラウドなどを活用した機体やデータの管理」ですよね。実はアメリカもオープンソースでドローン事業を進めているのですが、これはドローンに必要なリソースを自社(自国)だけで対応しない方が良いと判断したから。つまり、アメリカにおいては、オープンソースで自分たちの強みや尖った部分をしっかり開示して、他社と手を組む戦い方が有力であると言えます。現在VFRは、アメリカ進出に向けてコンフィグレーターの開発を進めていて、ドローン製造(EMS)という強みも持っています。自社の強みをしっかりブラッシュアップして、オープンソースでソフトウェア(アプリケーション)も充実させる。そうすれば、VFRもドローン業界において十分、戦っていけるだけの力は秘めていると私は思います。



| VFRが目指している未来が少しだけ見えた気がします。

ここまで、オープンソースについて詳しく説明をしてきましたが、実は一番重要なのはその目的(考え方)です。結局、オープンソースとは「お互いが繋がれるプロトコルを一緒にして、コミュニティーを作りましょう」という考え方ですので、今後は自然とドローン業界でも浸透していくと思います。現時点では、ここまで先を見据えてドローンを開発・製造を行っている会社は少ない印象ですので、VFRにはドローン産業をリードしていってほしいと思います。
今日はありがとうございました。


次回は、VFR×アメリカ進出について教えていただきます!