VFRが世界と戦うための必要なstrength(強み)! ”世界のドローン市場から分かる日本のドローン作り” – Part① –

~ 春原先生のドローン初心者講座 vol.3 ~

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: is20220710drne_a01-0021.jpg

【 春原久徳 先生 ―profile― 】
VFR株式会社のアドバイザー。
2015年12月ドローン・ジャパン株式会社設立。『ドローンビジネス調査報告書2018』『ドローンビジネス調査報告書2018【海外動向編】』(株式会社インプレス)を調査執筆、Drone.jpでコラム[春原久徳のドローントレンドウォッチング]連載中。他にも各産業業界誌で多数執筆。農林水産省、NEDOや各業界団体でのドローン関連の講師を年間60~80回程度行っている。

執筆記事:https://www.drone.jp/column/sunohara




こんにちは、VFR広報の村中です。
当社は、VAIO株式会社のドローン子会社として2020年に設立されたベンチャー企業で、2030年に世界一のドローンメーカーになるという高いビジョンを掲げています。

その実現のためにVFRは、“オープンソース”について理解を深め、他メーカーに負けない強み(製造)を自社で持てるように日々、奮闘しております。今回は、ドローン製造における“VFRの強み”と“課題”について、ドローン初心者である筆者がVFRアドバイザー・春原先生に聞いてみました!

<コメント>
本ブログでは、世界のドローンメーカー数や機体タイプ別などの調査結果を軸とした話が含まれていますが、こちらの調査にVFR・春原先生は関与しておりません。本調査について、詳しく知りたいという方は以下の記事をご覧ください。
▶「Vol.59 世界のドローン機体メーカーの状況と野波先生[春原久徳のドローントレンドウォッチング] | DRONE




| 本日もよろしくお願いします!今回は、「製造」について教えて頂きたいです!

よろしくお願いします。世界一のドローンメーカー(製造)を目指すということは、国産ドローンの“トレンド“だけではなく、世界のドローンの”トレンド“について理解を深める必要があるということです。そのため、まずは世界のドローン市場という全体像から掴み、次に日本のドローンづくりの特徴、最後にVFRの立ち位置(製造)の順番で理解していく流れがよろしいかと思います。


| 承知いたしました!
ではまず、世界のドローン市場について教えて頂きたいです。

メーカー(企業)数を基準にして考えると、上位3か国は「アメリカ156社」「中国51社」「インド37社」となっており、日本は27社で5番目くらいの順位にいます。しかし、近年はドローン事業から撤退しているメーカーも多く、実際の数としてはアメリカ43社」「中国30社」「インド26社」「日本16社」くらいだと思われます。



| インドがベスト3に入っているのは少し驚きました。「アメリカ」「中国」「インド」のドローン作りに共通点はありますか?

おっしゃる通り、インドのドローン市場は急激に成長しています。おそらく1年前に調査したとしても、このような結果にはならなかったと思います。インドが“DJI製ドローン”を排除する動きを見せているのも、国産(インド製)ドローンの普及を望んでいるからです。3か国の共通点としては、国がドローン作りを支援しているという点でしょうか。ドローンは民生と軍事の境目が少し曖昧なプロダクトですから、国が開発にかかるコストを支援している国も少なくないと思います。そういった広い意味で、世界で行うドローン作りと“日本のドローン作り”には、大きなギャップがあるのです。資金調達面で大きな差が出ているということは、ドローン作りを行うための設備や人材確保・育成などの様々な部分でリードされているということです。この状況だと、VFRはオープンソースで生き残っていくだけでも大変です。



| そんな厳しい環境の中でも、日本は5位なのですね!

そうですね。なので、日本はドローン普及が遅れているわけではないと思います。ただし、VFRは27社の中には入っているかもしれませんが、16社の中には含まれていません。実際のメーカー数というラインは、自社製品の有無や製品のアップデート情報などに着目して、プロトタイプ開発のみ行っているメーカーは除いています。VFRの場合、現状は“自社ブランド“のドローンを開発する戦略は立てておりませんので、この基準だと数年後もVFRはメーカー数にカウントされていないかもしれません。あと近年は、ドローンが徐々に各国の戦略商品になってきているという大きな変化があります。そのバリアが張られた市場の中に、“VFR製ドローン”を売りに行くというのは、かなり無謀な戦略だと思います。VFRが世界一のドローンメーカーを目指すならば、自社製品を開発するよりも“製造力”と“サポート力(品質管理)”を磨いていく方が確かな戦略なのです。自社製品が無くても、製造は立派な“実のビジネス”ですからね。



| 海外では空飛ぶクルマの開発も進んでいると耳にしましたが本当ですか?

海外にとって“クルマ”というワードが適切かどうかは分かりませんが、「空」をモビリティで活性化していこうという動きがここ数年で目立ってきているのは間違いありません。日本は中型ドローン→大型ドローン→空飛ぶクルマといったステップを踏んで、技術の確立や法律やルールの策定を行っていく方向で進み始めていますが、海外では既存の“小型有人機(飛行機)”を自律化していく動きの方が大きいです。私自身の考えとしては、飛行機の歴史は長いわけですから、ドローン→空飛ぶクルマよりも、小型有人機(飛行機)→自律化の方がよろしいかと思います。



| 世界のドローン市場については理解することが出来ました!
次は、日本のモノづくりについて教えて頂きたいです!

ここでは、“世界のドローントレンドと日本のドローントレンドのギャップ”について説明したいと思います。今、世界のドローントレンドは「短距離偵察ドローン(飛行距離大体3キロ以内)」と「中長距離ドローン(飛行距離3キロ以上)」で2層化しています。こちらに関しても、先ほど紹介させて頂いた「春原久徳のドローントレンドウォッチング」で触れていますが、機体タイプ・動力源・ペイロードなどの色んなカテゴリーに分けて調査した結果、残念ながら日本はすべてのカテゴリーにおいてベスト10以内にランクインしていませんでした。ドローン普及が遅れているわけではないのに、この結果ということは“日本のドローントレンド”が世界とは少しずれているということだと思います。



| “ドローントレンド”についてもう少し詳しく知りたいです。

それでは、私が興味深いと感じた“機体タイプ別”の調査結果の話をします。この調査はあくまで“プロダクト数”に着目していて、出荷数や出荷高の比率ではないのでざっくり頭に入れる程度でよろしいかと思います。調査の結果、海外メーカーが「固定翼」と「回転翼」をバランスよく開発しているのに対して、日本は「回転翼」が9割以上であるということが分かりました。ドローンの動力源については、電動系(ソーラー発電、ハイブリッド etc)が8割以上(その他はエンジン)であるという点は、世界とあまりギャップはありませんでした。

写真:(左)固定翼と(右)回転翼




| 日本は、“中大型ドローン(重量:3kg以上)を開発しているメーカーが多い印象です。

現状、DJI製のmavicシリーズがあれば、6割以上のドローンビジネスが成立すると言われています。日本が力を入れている“中大型ドローン(重量:3kg以上)“の分野は、mavicシリーズでは対応できないペイロードだった場合に活躍します。実際に、レーザー測量のためのレーザーやロボットアームを搭載する場合はmavicでは対応できません。


| そもそも日本はなぜ“中大型ドローン”の開発を行っているメーカーが多いのでしょうか。

もともと日本は“農薬散布ドローン(5㎏~15㎏程度のペイロード)”の需要が高いからです。中国のDJIも、最初に手を出し始めた産業用ドローンは“Agrasシリーズ(農薬散布ドローン)”でした。ただ、農業用ドローンは海外ではあまり市場がない分野なので、日本で活躍できたとしても海外展開が難しかったりします。現在は、日本で有名な農機メーカーがDJI製ドローンの代理店となっている影響で、国内での市場も小さくなっています。


本記事はここまでとなります。
▶続きはこちら【Part②】